やかげ観光ネット

圀勝寺のつばき祭り

こくしょうじのつばきまつり

町の天然記念物に指定されています
町の天然記念物に指定されています
4月上旬から中旬にかけて八重の花をつける椿
4月上旬から中旬にかけて八重の花をつける椿
真っ赤に敷きつめられた花の絨毯!
真っ赤に敷きつめられた花の絨毯!
  • 町の天然記念物に指定されています
  • 4月上旬から中旬にかけて八重の花をつける椿
  • 真っ赤に敷きつめられた花の絨毯!
椿の花を敷きつめた真紅の絨毯は必見!
圀勝寺の境内には樹高8m、樹齢350年を超えるといわれる、立派な大椿があります(町指定天然記念物)。4月上旬から中旬にかけて八重の花をつけ、落ちた花が樹下に真紅の絨毯を織り成します。深い緑の葉と色鮮やかな赤い花々の対比は息をのむほどに美しい風景。毎年4月の第2日曜日を中心に「つばき祭り」が行われ、境内が公開されます。

基本情報
開催期間 2016年4月2日(土)~17日(日)
(毎年4月の第2日曜日を中心に開催)
開催時間 9:00~16:00
会場名 圀勝寺
住所 岡山県小田郡矢掛町東三成1344  
電話番号 0866-82-1016  (矢掛町役場産業観光課)
アクセス 井原鉄道三谷駅から徒歩約15分
井原鉄道矢掛駅から車で約10分
備考 椿の花は4月1日頃から咲き始めます。見頃は4月10日頃です。
※ただし、気象により開花は前後します。

おすすめ情報

観照寺の梅まつり

梅のお寺として有名な観照寺。お寺は車道から石段を30段ほど登ったところに建っており、毎年2月下旬から3月上旬には白漆喰の塀越しにピンクや白の梅の枝々を望むことができます。境内には、紅白の枝垂れ梅など、...
詳細はこちら

吉祥寺の海棠まつり

北部の谷沿いではゆるやかな斜面に、棚田が広がる懐かしい風景に出会えます。そんなのどかなところに曹洞宗のお寺「吉祥寺」があります。ここでは毎年、春になると(4月の第2日曜日)お寺の境内に咲き誇る淡紅色の...
詳細はこちら

洞松寺

洞松寺は横谷に所在する曹洞宗の禅寺。1412年に猿掛城主庄氏の帰依を受けた名僧が再興し、室町時代から江戸時代にかけて寺勢を極めました。本堂や山門をはじめとした建物群は、禅宗寺院の典型的な伽藍配置の様相...
詳細はこちら

大通寺

大通寺は743年に開基されたと伝わる曹洞宗の古刹。書院の北側に広がる池泉観賞式庭園は別名「石寿園」とも呼ばれています。矢掛の庭師が江戸時代後期に21年間という長い月日をかけて築いたものです。池や滝の間...
詳細はこちら